札幌で1番の注文住宅を建てる|SAPPO★MEDIA » 札幌で家を建てる前に知っておくべき情報ガイド » 注文住宅を建てる際の間取りのポイントは?

公開日: |最終更新日時:

注文住宅を建てる際の間取りのポイントは?

注文住宅を建てる際、間取りは重要なポイントです。予算に応じた間取りや場所ごとのポイント、失敗を防ぐためのポイントを見ていきましょう。

間取りで失敗しないためのポイントをチェック

生活導線

注文住宅の満足度を左右するのは、生活導線と言っても過言ではありません。「生活導線」と一言に言っても、家事のための導線や育児のための導線、さらには衛生導線など、様々な導線があります。家族の人数や暮らし方によっても変わってくるため、慎重に検討することが大切です。

家事導線と育児導線の兼ね合いを

台所や洗濯周りを扱う家事導線と、育児を行う際の育児導線は総合的に検討することが大切です。特に小さなお子さんがいる場合には、家事中も目を離せないことが多いでしょう。家事をする導線と育児をする導線が離れていると、大きな負担となる可能性があります。家族構成にもよりますが、総合的に検討することが大切です。

水回り

水回りは、1ヵ所にまとめて設置するのがオススメです。配管設備をまとめることができると、後のメンテナンス費を安く抑えることが可能となります。

その一方で、設置場所については家全体の間取りを考慮しながら決定することが大切です。狭い造りにしてしまうと、家族全員の水回りと考えると生活しにくいかもしれません。十分に余裕を持って滞留できる場所を検討しましょう。

音には注意

水回りはどうしても生活音が伴います。寝室の近くなどに設置してしまうと、なかなか落ち着いて眠れないという方も少なくありません。配置は家族全員の負担が少ない場所を選択しましょう。

日当たり

家を建てると、日当たりが良い部屋と悪い部屋はどうしても発生してしまいます。どの部屋の日当たりを重視するのか、どの部屋に日当たりが必要かという事はもちろん見つめる必要がありますが、 日当たりが悪い部屋は一般的に電気や暖房の使用量が増えるため、極力使わない部屋にするなどの計画が重要です。

また、ただ「日が当たる」というだけでなく風通しにも配慮しましょう。ジメジメとした部屋は湿気やカビの原因となります。風が抜け、日が入るような窓の設置場所を検討することが大切です。

生活音は?

小さなお子さんがいる家庭の場合は特に、生活音が気になるかもしれません。静かにしておきたい部屋の上には子供部屋を作らないなど、間取りを全体的に見た判断が大切です。

特に来客が多いご家庭の場合、間取りをつくっていく段階で十分に考慮しましょう。

場所ごとにポイントをチェック

台所

リビングからの視界は?

台所はリビングに隣接しているケースがほとんどですが、リビングから見てどのように見えるでしょうか?来客が多い場合や、インテリアを邪魔したくない場合には、敢えて空間を分断しておくというのもひとつの方法です。

扉を付けたり、境目となる壁面を高くしておくことができれば、見た目はもちろん匂いを遮断することも可能です。ご自身の優先度を元に、判断することが大切です。

玄関までの導線は?

ごみを捨てに行く際に、台所からの勝手口があると便利かもしれません。ごみを気軽に捨てることができるほか、家の中を、ごみ袋を持って移動しなくて済むというメリットもあります。ごみを出す際の導線が気になる方は、配慮してみてはいかがでしょうか。

収納場所を確保する

台所用の収納スペースであるパントリーを用意しておくのも良いかもしれません。台所のクローゼットとして様々な物を収納できるほか、扉があるため目隠しをすることもできます。

荷物が多い場合や、長期間食料を保存しておきたい場合には、パントリー設置を検討してみましょう。

玄関

収納場所を確保

家族分の靴を収納できるスペースはもちろん、小さなお子さんがいる場合にはベビーカー、お年寄りと同居する場合には杖など、大きな物や長いものを収納しておくスペースを確保しておくのが安心です。見た目をスッキリできることはもちろん、汚れを防ぐことにも繋がります。

窓の設置

たくさんの収納場所を確保すると、発生してくるのはニオイの問題です。靴から発生するニオイを換気したり、衛生面を保つためには換気口を用意しておくことが重要です。

また、湿気も溜まりやすい場所になるため、湿気対策も間取りを検討する際に講じておくことが重要です。

階段

リビングは通過するのか?

間取りを検討する際には玄関と会談から決めるべきという言葉もあるように、階段の位置は非常に重要です。玄関の目の前に設置することもできれば、必ずリビングなどを通過した導線上に設置することも可能です。

プライバシーの観点はもちろん、音やニオイの観点を踏まえて設置することが大切です。デザイン性だけでなく、実用面も慎重に検討しましょう。

階段の形は?

使用できる面積にもよりますが、直線階段にするのか、折れ階段にするのかなどを検討する必要があります。バリアフリーにするのか、階段下収納を付けるのか、手すりはどうするのかなど、暮らしやすさを踏まえたスタイルになるよう、しっかりと考えましょう。

コスト別のポイント

1,000万円台

必要最低限の部屋数と、生活導線を重視した間取りにするのがポイントです。部屋の確保がむずかしい場合には、完全に部屋を分けるという考え方ではなく、仕切りの活用や家具の配置の工夫によって、使いやすさを確保するのも良い手でしょう。また、見た目や内装もシンプルなものになりがちですが、工夫次第で、デザインに凝った家を実現することも可能です。

限られた予算のため、自宅の注力ポイントを決定し、コストを掛ける部分と掛けない部分をはっきり分けていくのが重要と言えます。必要最低限の機能をしっかり搭載しながら、住みやすいこだわりをつくっていきましょう。

2,000万円台

優先順位が高い項目に関しては、多少の遊び心を入れられるのが2,000万円台と言えます。住宅設備や外観はもちろん、素材などにもこだわりやすい金額と言えるでしょう。

自宅に駐車場を整備したい場合にも、現実的なのは2,000万円台からと言えます。

3,000万円台

3,000万円台となると敷地面積にも余裕が出てくるため、吹き抜けや広々としたリビング、ウォークインクローゼットなど、自由が効きやすくなります。

収納面はもちろん、水回りなども潤沢に投資できる金額と言えるでしょう。

4,000万円台

4,000万円台ともなると、希望の内容はほとんどを叶えることができると言えるでしょう。内観や設備、外観や素材感など、好きなものを好きなだけ取り込むことができる額と言えます。

海外の輸入家具や輸入設備をはじめ、ガラスや壁材にもこだわりを持てる金額でしょう。

決める際の注意点

施工会社と細かい相談を

間取りを決める際には、素人感覚で決定するのではなく、しっかりと施工会社と相談したうえで判断しましょう。自分では思いもよらないアイデアや、見落としがちなポイントについて教えてもらえるため、後悔のない住宅づくりができそうです。

理想的な間取りを実現することはもちろんですが、不安な点を事前に払しょくすることも大切です。プロの意見にはしっかり耳を傾けましょう。

ご家庭では優先順位の決定を

相談の中で、どうしても叶わない希望が出てくるかもしれません。その際には「必ず大切にしたいことは何か」という観点が重要になります。優先順位は事前にしっかり相談しておきましょう。

予算内に収まるように

希望が多ければ多いほど、つい予算は高くなってしまいます。しかし、限られた予算の中では、叶うもの・叶わないものが出てくるでしょう。予算内に収めるためには、どこかのポイントを譲歩しなければなりません。

もしくは他の部分を抑えてでも家に予算を掛けるのか、しっかり家族で相談しておきましょう。理想の家にするために、きちんと家族で相談しておくことが大切です。

 
ショールームが見れる!
札幌で注文住宅を建てるなら
おすすめの工務店・
ハウスメーカー【2選】

施工会社が工務店とハウスメーカーに分かれることから、それぞれの特徴と理想の住まい・暮らしを照らし合わせられたうえで施工会社選びができるよう、おすすめを1社ずつピックアップしました。

【工務店】
豊栄建設
1,000万円台~
『ほしい』が詰まった家
豊栄建設公式サイトキャプチャ

参照元:豊栄建設公式HP
(https://www.hoei999.co.jp/case/14614/)

  • 断熱・気密・耐震における高性能を充実させながら、予算に合わせた柔軟な自由設計が可能。
  • 35年の無結露保証、建物・地盤保証各20年※1などが付く、安心して長く暮らせる家づくり。
  • 各住宅設備メーカーのサンプルがズラリと並ぶ、道内最大級の広々ショールームあり。
※1 参照元:豊栄建設公式HP
( https://www.hoei999.co.jp/quality/ )
※20年保証には条件があります。詳しくは公式HPよりご確認ください。
※2 参照元:豊栄建設公式HP
( https://www.hoei999.co.jp/housinglabo/ )

豊栄建設
公式HPを見る

豊栄建設に問い合わせる

豊栄建設について
もっと詳しく

【ハウスメーカー】
三井ホーム
ブランド力に恥じない
デザイン性溢れる家
三井ホーム北海道公式サイトキャプチャ

参照元:三井ホーム公式HP
(https://www.mitsuihome-hokkaido.com/modelhouse/yoursign.html)

  • グッドデザイン賞を受賞した独自の木造壁工法で、癒しの木のぬくもりとすぐれた性能を感じられる家づくり。
  • 規施工期間が短縮化されているだけでなく、365日24時間のお問合せ受付体制で、施工後もスピーディー対応。
  • 全国各地に店舗併設型のショールーム「デザインステーション」を展開。内装外装の相談も可能。
※参照元:三井ホーム公式HP
( https://www.mitsuihome.co.jp/award/gooddesign/ )2012年~2021年の間に6つの工法やシステムで受賞。例:プレミアム・モノコック構法2014年受賞。

三井ホーム
公式HPを見る

三井ホームに問い合わせる

三井ホームについて
もっと詳しく

※選出基準※ 本サイトで取り上げる札幌市内の注文住宅施工に対応した93社のうち、札幌市内にショールームを設けている会社(工務店7社、ハウスメーカー1社)の中から、工務店に関しては唯一公式HPで費用面について言及している(価格表記している)会社を選定。
なお、本サイトにおけるハウスメーカーの基準は、拠点ごとに分社化している施工会社(拠点は問わず)。工務店の基準は分社化していない施工会社。            
・【工務店代表】1,000万円台~『ほしい』が詰まった家:豊栄建設株式会社…7社の中で唯一公式HPにて費用面について言及している(価格表記している)。
・【ハウスメーカー代表】ブランド力に恥じないデザイン性溢れる家:株式会社三井ホーム
ショールームが見れる!札幌の注文住宅工務店・ハウスメーカー2選

調査まとめ!
札幌の大規模ショールーム

札幌のショールーム

札幌市中央区にある、道内最大級のビル2棟・6つのフロアを使ったショールームを、本サイト編集チームが実際に体験・調査!
家に性能を求めるなら「ショールーム」での住宅設備チェックを欠かさず行いましょう。

※参照元:豊栄建設公式HP( https://www.hoei999.co.jp/housinglabo/ )

share
instagram
youtube